しっかりチェックしてますか?給与明細の正しい見方!

正しい給与明細の見方

会社員の方のほとんどが、毎月のお給料は銀行口座への振り込みだと思います。

給与明細には支給金額は勿論のこと、税金などで差し引かれている金額なども記されています。

今月のお給料の確認を、口座の残高確認だけで済ませていませんか?

毎月の収入がどのように計算されて支払われているのか、給与明細をしっかり見て把握しておきましょう。

給与明細の3構成

まずは給与明細がどのような構成で成り立っているのか見ていきましょう。

支給

支給

まずは支給について。

基本給をベースに、残業手当、通勤手当なども加算された「総支給合計額」、いわば会社から支給されるお金の合計が記載されている部分になります。

この時点では所得税などは引かれていない純粋な総計になります。

控除

控除

控除は、社会保険料や税金などの「支給」から引かれていく金額を記載する部分。

法廷控除である社会保険料や税金とは別に各会社ごとにきめられた組合費などもここに含まれます。

勤怠

勤怠

勤怠は、その月の勤務日数、勤務時間が記載される部分。

出勤、欠勤はもちろん、残業時間、遅刻や早退などの時間もしっかりとチェックしておきたいところ。

有給消化日数、有給残日数も記載されている部分になります。

ココだけはチェックしておきたいポイント

勤怠が合っているか

給与明細でまず最初にチェックしておきたいポイントは、ズバリ「勤怠」の部分になります。

出勤日数や勤務時間、残業時間などはそのまま支給額に影響してくる部分です。

深夜手当てなども含め、自分の勤務状況が正しく記録されていることをしっかりチェックしておきましょう。

また、残業時間などをしっかり確認することで仕事量のパラメーターを知ることにも繫るでしょう。

1ヶ月の自分の勤務状況が把握出来ていないという方は、まずそこから管理する様にするとよいと思います。

自分の勤怠は自分であらかじめ把握しておきましょう。

控除額がいくらなのか

社会保険料や、税金など、総支給額からいくら天引きされているのかしっかり把握しておきましょう。

雇用保険料や住民税などもしっかり確認しておきましょう。

最低2年間分は保存しておこう

失業給付の確認期間、未払いの給与の請求期間は2年間です。
もしものために2年間分は保存しておくことがベターでしょう。

このように過去の給与明細を保存しておくことで、前年との比較ができてよいと思います。
比較をすることで住民税の変動や、ふるさと納税などによる税金の控除額などを知ることができ、より詳細な収支の管理を行うことができると思います。

実際に給与明細を見て確認

給与明細の例

❶支給

支給されるお金の合計金額
給料がいくら支給されているのか確認するところ。

ここから社会保険料や税金などを差し引かれていきます。

❷控除

給料から天引きされる合計金額

社会保険料や税金などの支給額から引かれる額を確認します。

❸勤怠

勤務日数、勤務時間の確認

勤務日数、勤務時間などを確認するところ。
自分の一ヶ月の稼働と照らし合わせて確認しましょう。

④残業手当

残業手当は要チェック!!

原則として、週40時間もしくは1日8時間を超えて働いた場合25%増の時間外労働手当が支給され、週1日の休日に労働した場合は35%増の休日労働手当が支給されます。

自分の勤務状況をしっかりと確認しておきましょう。

⑤通勤手当

会社によって異なる部分もあるので要確認

通勤手当は「勤労手当」の一つ。

寒い地域の場合、寒冷地手当、海外出張手当がでる会社もあるようです。
明細の項目を確認してどんな手当が出るのか確認しておきましょう。

⑥厚生年金

厚生年金には国民年金が含まれている

厚生年金が高い理由は、国民年金の保険料が含まれているからです。

その分、年金受給額が上がるのです。

⑦雇用保険

天引きされていることを確認!

失業保険や給付金に必要な雇用保険。

万一にために、ちゃんと天引きで支払われているか確認しておきましょう。

⑧社会保険合計

4種類の社会保険料

社会保険料には、「健康保険」、「厚生年金」、「雇用保険」、「介護保険」の4つがあります。

⑨住民税

住民税は2年目から発生する

住民税の金額は前年の所得に対して課税されます。
そのため社会に出て一年目は原則として住民税は発生しません。

まとめ

この様に給与明細にはお金にまつわる情報が詰まっています。

当たり前ですが、給料日は年に12回しかないのです。
自分の勤務状況をしる手がかりにもなりますので、しっかりとした給与明細の確認と保存をするとよいと思います。
万が一のために給与明細は捨てずにしっかりと保存しておきましょう。

こうした収支の状況を自分で把握することで目をつぶってきた無駄遣いを見直すきっかけになるかもしれません。

給与明細をしっかり確認して、マネー管理、収入アップのヒントを得ていきましょう!!