配偶者控除とは?制度を理解し、賢く働こう!

配偶者控除とは

共働き世帯が増えているこの近年、2018年より配偶者控除の制度が変更となりました。

控除額の上限が上がり、パートさんも積極的に働けるようになりました。

これまでの制度と2018年以降の制度を比較し、これからの配偶者控除を理解し、節税しながら賢く働く方法を知りましょう!!

配偶者控除とは?

まずはじめに、配偶者控除とはどのような制度なのか確認していきましょう。

もんちくん

ねえねえともちゃん。「103万円の壁」ってよく聞くんだけど、なんなのかな~?
もんちゃんそんなことも知らないの!
パートの私はもんちゃんの扶養に入っているでしょ??

ともちゃん

もんちくん

うん。
私の一年のお給料が103万円を超えちゃうと、税金の控除が受けられなくなっちゃって、税金が高くなっちゃうの!だから、「103万円の壁」って言われたりしてるんだよ~!

ともちゃん

つまり、ともちゃんともんちくんの世帯に置き換えて考えてみると、もんちくん(夫)が納める税金を計算する上で、扶養しているともちゃん(妻)がいる場合、「配偶者控除」(配偶者特別控除)を受けることができる。といったものになります。

配偶者控除図解

これが「配偶者控除」(配偶者特別控除)の制度です。

この時、この「配偶者控除」(配偶者特別控除)を受けられる条件として、ともちゃん(妻)の収入が一定額以下でなければならないとされており、控除の満額を受けるための一定額が決められているということです。

MEMO
配偶者特別控除という言葉が出てきましたが、これについての役割等は後程解説いたします。

詳細な条件は以下の表をご確認ください。

  • 民法の規定による配偶者であること(内縁関係の人は該当しない。)。
  • 納税者と生計を一にしていること。
  • 年間の合計所得金額が38万円以下であること。(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)
  • 青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。
注意
平成30年分以後は、控除を受ける納税者本人の合計所得金額が1,000万円を超える場合は、配偶者控除は受けられません!

すごーく砕いていうと、「ともちゃん(奥さん)が所得金額38万円以下の場合は、生活も大変でしょうから、もんちくん(旦那さん)の税金ちょっと安くしますね。」ということです。

2018年以降の変更点

変更点まとめ

配偶者控除がどのような制度か分かったところで、2018年からどのように制度が変更されたのか確認してみましょう。

具体的に変わったのは以下になります。

  • 配偶者の年収上限が、103万円から150万円へ引きあがった
  • 配偶者控除に世帯主の所得による制限も加わった
  • 配偶者特別控除の制限額も変わった

それぞれの内容を確認していきましょう!!

配偶者の年収上限

配偶者の年収上限が103万円から150万円へ引きあがり、世帯主の配偶者控除を維持したまま所得を増やすことができるようになりました。

「103万円の壁」「150万円の壁」に変わったとも言われています。

配偶者控除の範囲内で働くとしても、その金額の差はなんと47万円

配偶者の方はこれまでより意欲的に、しっかりと働くことができるようになったのです。

それでは実際に、2017年までの配偶者控除、2018年からの配偶者控除、配偶者控除を超えて働いた場合で、どのくらい金額が変動するのか比較してみましょう!

MEMO
ここでは、世帯主の所得が380万円と仮定して比較しています!

2017年までの配偶者控除

世帯主の所得が380万円で、配偶者控除が103万円の場合

+世帯主所得
+配偶者所得
-所得税
380万円
103万円
???円
???円

所得税の計算は・・・

年収(380万円)― 各種控除 = 課税所得(174万円)

・基礎控除(38万円)
・給与所得控除(年収×0.2+54万円)
・配偶者控除(38万円)

所得税 = 課税所得(174万円)× 0.05 = 8万7000円

世帯主と配偶者の合計から所得税を引くと・・・

+世帯主所得
+配偶者所得
-所得税
380万円
103万円
8万7000円
474万3000円
474万3000円!!

2018年からの配偶者控除

世帯主の所得が380万円で、配偶者控除上限が150万円の場合

+世帯主所得
+配偶者所得
-所得税
380万円
150万円
???円
???円

所得税の計算は・・・

年収(380万円)― 各種控除 = 課税所得(174万円)

・基礎控除(38万円)
・給与所得控除(年収×0.2+54万円)
・配偶者控除(38万円)

所得税 = 課税所得(174万円)× 0.05 = 8万7000円

世帯主と配偶者の合計から所得税を引くと・・・

+世帯主所得
+配偶者所得
-所得税
380万円
150万円
8万7000円
521万3000円

521万3000円!!

配偶者控除を超えて働いた場合(2018年以降)

世帯主の所得が380万円で、配偶者が上限を超えて働いた場合(例:202万円)

+世帯主所得
+配偶者所得
-所得税
380万円
202万円
???円
???円

所得税の計算は・・・

年収(380万円)― 各種控除 = 課税所得(212万円)

・基礎控除(38万円)
・給与所得控除(年収×0.2+54万円)
・配偶者控除(38万円)
※配偶者所得控除の上限である150万円を超過しているため

所得税 = 課税所得(212万円)× 0.1 = 21万2000円

世帯主と配偶者の合計から所得税を引くと・・・

+世帯主所得
+配偶者所得
-所得税
380万円
150万円
21万2000円
560万8000円

560万8000円!!

比較結果

比較結果
2017年までと、2018年からの比較
474万3000円 → 521万3000円
※差額47万円

まずは、2017年までの配偶者控除上限まで働いた場合と、2018年からの配偶者控除上限まで働いた場合の比較ですね。

配偶者控除の上限額が上がったことにより、これまで通りの控除を受けつつも+47万円まで多く働くことができるようになったということがわかります。

配偶者控除上限を超えた場合との比較
521万3000円 → 560万8000円
※差額39万5000円

次に、2018年からの配偶者控除において、上限まで働いた場合と、超えた場合(この場合は202万円)を比較です。

最終的な金額で言えば差額は+39万5000円ですが、所得税を比べるとどうでしょうか。

所得税で比べる
8万7000円 → 21万2000円
※差額12万5000円

このように、配偶者控除の上限が150万円のときに202万円稼いだ場合、純粋に52万円所得は増えるのですが、配偶者控除上限をはみ出ているため世帯主が配偶者控除を受けられず、支払う所得税が12万5000円も増えることになるのです。

配偶者特別控除とは?

配偶者控除についての解説の際にこの単語も出てきていましたが、配偶者控除との違いも交えて解説していきます。

配偶者特別控除とは、配偶者が配偶者控除の上限額を超える所得を得ている場合でも、一定額の控除を受けられる仕組みのことです。

これもすごーく砕いていうと、「ともちゃん(奥さん)が配偶者控除の上限を超えて稼いでるけど、生活も大変でしょうから、ともちゃん(奥さん)の所得額に応じてもんちくん(旦那さん)の税金ちょっと安くしますね。」ということです。

配偶者特別控除の制限額

配偶者特別控除について理解したところで、配偶者特別控除の制限額も変更について確認していきましょう。

これまで(2017年まで)の配偶者特別控除の上限は141万円でしたが、改正後、201万円まで受けられるようになりました。

以下の表を確認してみましょう。

世帯主の所得
1120万円以上1170万円以下1220万円以下1220万円超
配偶者の所得150万円以下38万26万13万0
155万円以下36万円24万円12万円0
160万円以下31万円21万円11万円0
166万7999円以下26万円18万円9万円0
175万1999円以下21万円14万円7万円0
183万1999円以下16万円11万円6万円0
190万3999円以下11万円8万円4万円0
197万1999円以下6万円4万円2万円0
201万5999円以下3万円2万円1万円0
201万6000円超0000
注意
控除額は上記の表のとおり、配偶者や世帯主の所得に応じて減少していくため、注意が必要です。

まとめ

今回は配偶者控除に焦点を絞って解説しましたが、ほかにも共働き夫婦には所得にかかる制限があったりします。

たとえば社会保険ですが、世帯主が会社員の場合は配偶者も被扶養者として同じ会社の保険に入る場合が多いです。

しかし、配偶者の年収が130万円未満であることが条件なのです。

このように世帯主の所得や配偶者の所得によって、どのくらいの配偶者控除が受けられるかを知り、各々の環境下で一番得になる働き方を考えることが大切です!!