WordPressと無料ブログの違いとは?メリットデメリットを徹底比較!!

Wordpressと無料ブログを徹底比較

よく比較されるWordPress無料ブログ、ブログを始めたい!と思ったときに最初に悩むところだと思います。

今回はWordPressと無料ブログの違いについて、メリデメを洗い出して比較して行こうと思います。

作り上げたいWebサイトによってどちらを選べばいいか変わってくると思いますので、それぞれの強みを抑えていきましょう!

WordPressとは?

Wordpress図解
Wordpressについての解説はこの記事をご覧ください。
Wordpressの仕組みや特徴を図解しています。
見出しの画像です
WordPressとは?仕組みや特徴を図解で徹底解剖!!

無料ブログとは?

無料ブログとはその名の通り、サーバーレンタル料金もドメインの取得料金も一切かけることなく運営することが出来るブログのことです。

まずは有名な無料ブログサービスにどのようなものがあるのか見てみましょう。

アメーバブログ

amebaブログ画像

引用:ameblo.jp

サイバーエージェントが提供するブログサービスで、よく「アメブロ」と呼ばれています。
芸能人の方がよく使っているイメージですね。

各種調査によると、日本で第1位の規模のブログサービスだそうです。

FC2ブログ

fc2画像

引用:FC2ブログ

その名の通り、FC2が運営しているブログサービスです。
FC2はWebサービス、ホスティングサービスを展開する企業で、FC2は「ファンタスティック・クピ・クピ」の略らしいです。

無料ブログサービスの中でも人気が高く、ユーザー数もトップクラスです。

seesaaブログ

seesaaブログ画像

引用:seesaa blog

シーサー株式会社が運営しているブログサービスで、こちらもかなりの人気を誇っています。

シーサー株式会社はブログサービスの他に、スマートフォンアプリやインターネットメディアの事業を展開しており「したらば掲示板」や「SeeSaa Wiki」などのメディア事業が有名ですね。

ライブドアブログ

livedoorブログ画像

引用:livedoor blog

ライブドアブログは、NAVERの子会社であるLINEが運営するブログサービス

こちらもよく見かけるサイトのひとつですね。

特にアフィリエイターから人気の高いサービスが充実しているようです。

はてなブログ

はてなブログ画像

引用:はてなブログ

はてなブログは、株式会社はてなが運営するブログサービスです。

キャッチコピーは「書き残そう、あなたの人生の物語」

無料ブログのメリット・デメリット

無料ブログアイキャッチ画像

このように世の中にはたくさんの無料ブログサービスが存在していることがわかりました。

無料ブログは各サービスでプランや機能、スペックも様々です。

そんな無料ブログのメリット、デメリットに迫ってみましょう。

無料ブログのメリット

無料

なんといっても無料であることが最大の強みです。一切お金をかけずにブログを始めることができます。

しかし、ホームページやショッピングサイトを作ることはできません。

MEMO
無料ブログには有料のプランやサービスも存在しています。使いたい機能ややりたいことによっては料金がかかることもあります。

簡単に開設出来る

無料ブログは、メールアドレスやユーザIDを登録するだけで簡単に開設することができるのも強み。

サーバーやドメインを用意する必要も無いので、5分もあればブログを始めることが出来ます。

コミュニティからの集客が見込める

無料ブログのユーザー達が集ったコミュニティからの集客が見込めることは、大きなメリットです。

同じブログサービスを使っている人や、そのブログサービスをよく見ている人などが自分のブログに訪れる機会が多いようです。

無料ブログのデメリット

ブログ削除のリスクがある

大きなブログサービスであればそうそうないと思いますが、アカウントの凍結やサービス自体の終了よりブログが削除されてしまう場合があります。

アカウント凍結については、利用規約をしっかりと守っていれば問題ありません。

カスタマイズの自由度が低い

今ではテンプレートの種類も豊富でカスタマイズしやすい無料ブログも多いですが、WordPress程のカスタマイズをするには限界があります。

見た目やレイアウトをあまり変える必要のない場合は問題ないですが、凝ったデザインにしたい場合、弊害が出ることがあるかもしれません。

勝手に広告が出てしまう

ブログサービス側の広告がデフォルトで表示されてしまう事が多いイメージです。

グーグルアドセンスなど、自分で広告を貼りたい方にとっては大きなリスクとなります。

また、広告を一切表示したくない方も、無料のプランでは広告を消すことは難しいかもしれません。

定期的にサーバーメンテナンスが行われる

ブログサービスはあくまでその会社のサービスの1つ。サービス会社のメンテナンス中はブログを見ることは出来ません。

このように無料ブログは、お金をかけることなく簡単にWebサイトを公開することができますが、何かと制約も出てきますので要注意です。

WordPressのメリット・デメリット

Wordpressアイキャッチ画像

次にWordpressのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

WordPressのメリット

サイトの所有権が自分

WordPressはサーバーをレンタルし、自分で好きなドメインを取得して運用することができます。

なので、サイトの所有権も自分のものとなりいつでもどこでも管理することができます。

カスタマイズの自由度が無限大

WordPressのカスタマイズには限界がないと言っても過言ではありません。

知識さえあれば自分でテーマを作成したり、プラグインを作成することもできます。

レイアウトやデザインも自由に設定できるので、自分の納得のいくWebサイトを構築することができます。

ブログが削除されるリスクがない

WordPressはソフトウェアなので、Wordpress自体が消えてしまうなんてことはありません。サイトの所有権も自分にありますので、突然ブログが消えてしまうことはありません。

MEMO
レンタルしているサーバー会社がなくなってしまう場合は、別のサーバーにお引越しすることもできるので、サイト自体が消えることはありません。

自由に広告を設置できる

WordPressには、無料ブログのように広告が自動で表示されることはありません。

広告を表示したい場合は、自分で自由に設置することができます。

広告には利用規約がありますので、利用規約をしっかりと理解してから設置するようにしましょう。

WordPressならGoogleアドセンスのような規約が厳しい広告も比較的出しやすい(規約を守りやすい)と言えるでしょう。

ブログ以外のWebサイトも作れる

無料ブログは、名前の通りブログのみのサービスになりますので、ブログ以外のWebサイト、サービスは作成できません。

一方Wordpressはブログに限らずショッピングサイトや、Webサービス、会社のホームページも作成することが出来ます。

大手の広告代理店やショッピングサイトもWordpreesを使っているケースが多いです。

WordPressのデメリット

運用コストがかかる

サーバーレンタル料金やドメイン取得料など、運用に少しコストがかかります。

サーバーのレンタル料金は、月500〜1000円ほどで、ドメインはものによって値段が違いますが、年100〜1000円ほどです。

最初はアクセスを集めづらい

無料ブログに比べ、開設初期はアクセスを集めづらいと言われています。

ですが、Wordpressは長期的に運用することでアクセス増が見込めます。

重要な項目で比較

ここまで、無料ブログとWordpressのメリットとデメリットを見てきました。

ここからは個人的に重要だと思う部分を、項目別で切り分けてそれぞれを比較して行きたいと思います。

まずは下の表をご覧ください。

コスト面、自由度、操作性、集客面、広告面といった観点でWordpressと無料ブログを比較してみました。

比較項目無料ブログWordPress
コスト面初期費用無料プランのプランであれば無料サーバー・ドメイン料金がかかる
ランニングコスト
自由度デザインテンプレートはあるが限界あり際限なく好きなようにレイアウトできる
カスタマイズ限界あり機能も独自で追加できる
ドメイン選択式自分で好きなものを取得できる
コンテンツブログのみWebサービス、ECサイトも可能
収益化頑張ればできる広告を自由に貼れるので、収益化しやすい
操作性開始にかかる時間5分ほど30分ほど
操作の難しさ簡単簡単
メンテナンスサービス側のサーバ停止などがあるが、他は特になし自分でメンテナンスを行う必要がある
集客面初期サービス側からの集客が見込めるゼロからのスタート
SEOサービス側に一存する部分がある自分でSEO対策しやすい
広告面サービス側の広告ありなし
Googleアドセンス申請はできない申請できるし自由に貼れる
アフィリエイト広告制限あり自由に貼れる

こうして表にしてみると、お互いの特徴があり、一長一短という事がわかりますね。

この表で言うとWordPressの方が自由度がかなり高いけど、初期設定やメンテナンスなど自分でやらないといけない事が多いということがわかります。

各比較項目について深堀してみましょう。

コスト面で比較

コスト面で比較

まずはコスト面での比較です。

Webサイト運営にかかるコストは大まかに分けて初期費用とランニングコストが挙げられます。

まず、無料ブログについてはその名の通り初期費用もランニングコストも、無料のプランを選択している場合はすべて無料です。

コストの面では無料ブログは大きなアドバンテージを持っているといえるでしょう。

一方のWordPressは、Wordpress自体はオープンソースのため無料で使用できますが、そのWordpressをインストールするサーバーやドメインについては初期費用・ランニングコスト両方が発生します。

サーバーやドメインはわかりやすく言うと家(サーバー)と住所(ドメイン)のようなものです。つまりいわば家賃のようなものです。

参考までにレンタルサーバー・ドメイン取得にかかる料金は以下のようなイメージです。

サーバ料金簡易比較表
サービス名初期費用ランニングコスト/月容量
エックスサーバー3000円1000円200GB
wpXクラウド0円500円10GB
MixHost0円880円150GB
ロリポップ0円250円50GB
お名前ドットコム0円900円200GB
ヘムテル0円1500円256GB

各レンタルサーバー会社でプランやサービス内容が全然違うので料金にかなりばらつきがあります。

Webサイトの表示速度やアクセス数の限界値などにもかかわってくるので、Webサイトの規模や目的に合わせてどのレンタルサーバー会社にするかを選ぶことも大切です。

注意
上記の情報は2018年11月時点の各レンタルサーバーの一番ライトなプランの料金です。契約時期によっては料金などが変更になっている場合があります。また、時期や期間によっては初期費用のディスカウントなどを実施している場合があります。
ドメイン管理料金簡易比較表
ドメイン新規取得費用/年更新費用/年
.net699円1,480円
.com1,150円1,280円
.jp1,980円2,840円
.work1円990円
.info399円1,480円
注意
上記の情報は2018年11月時点のお名前.comでドメインを取得した場合の料金です。契約時期によっては料金が変更になっている場合があります。

Webサイトを立ち上げたばかりの状態ではコスト面では不利に思えるWordpressですが、長期的な視点で見れば利益を上げやすいといった長所もあります。自由度の収益化部分で詳しく比較してきましょう。

自由度で比較

自由度で比較

続いて自由度についての比較です。

自由度の点で言えばWordPressの圧勝でしょう。

無料ブログについても、ある程度のテンプレートや拡張要素が用意されていますが、Wordpressは際限なくカスタマイズすることができます。

極論、テンプレートを自分で自作することやプラグイン(拡張機能)を自作することも可能だからです。

テンプレートやプラグインを作成するためにはそれなりのプログラミングの技術が必要になりますが、文字色の調整や見出しのレイアウト変更等はプログラミングの知識があまりなくても出来るのもWordpressの強みです。

また、無料ブログではドメインは独自のものにすることは難しいですが、Wordpressはそもそもドメインを自分で取得するため自分の決めたドメイン名でサイトを運営することができます。

作成するコンテンツについてもWordpressに軍配が上がります。

無料ブログはその名の通り「ブログ」コンテンツのみ作成できますが、WordPressはWebサービスやショッピングサイトにすることも可能です。

こういった自由度が収益化にも大きく影響化してきます。

ブログやWebサイトを収益化したい場合、ほとんどの場合広告を配置することで収益化を狙うと思いますが、無料ブログではブログサービス側の広告が表示されてしまうことで自分の収益につなげにくくなってしまう場合があります。

無料ブログにもブログサービス側の広告を非表示にするプランもありますが、このようなプランの場合は有料になってしまうことがほとんどです。

将来的に収益化を目指したWebサイトを運営したい場合はWordpressのほうが利益を出しやすいように思います。

操作性で比較

操作性で比較

操作面については両者ともにあまり差はないように思います。

初期設定自体は無料ブログのほうが手軽に簡単にスタートすることができると思いますが、Wordpressについても各レンタルサーバで「簡単Wordpressインストール」のようなサービスを展開していることがほとんどです。

サーバー・ドメインの契約さえ済んでしまえば簡単にWordpressを始められると思います。

無料ブログもWordpressも世の中でよく使用されているサービスのため、操作で分からないことがあっても調べればすぐに出てくると思いますし、参考書も大量にあります。

唯一、メンテナンスの部分で違いが出てきます。

無料ブログはメンテナンスなどはブログサービス会社側で行われるため特にメンテナンスを行うことはないと思いますが、ブログサービス側のサービス停止などは発生するリスクはあります。

Wordpreesについては、バックアップなどの自動取得を実施してくれるレンタルサーバー会社もあったりしますが、基本的には自分でメンテナンスしていく必要があります。Wordpressやプラグインの更新、セキュリティ面の設定などはこまめに実施する必要があるでしょう。

集客面で比較

集客面で比較

続いて、集客・アクセスに関する比較です。

Webサイトを開設したての頃は、無料ブログのほうがアクセスは発生しやすく、Wordpressはゼロからスタートといったイメージです。

無料ブログはブログサービスのユーザー同士のアクセスや、ページのリンクなどの集客導線があるため解説初期からユーザーを集めやすいといわれています。

開設初期の段階ではWordpressはアクセスを集めづらいですが、WordpressにはSEO対策にとって重要な作業をプラグインで補ったりすることもできるため、長期的な運用を考えるとWordpressのほうが集客力は強くなると考えていいでしょう。

広告面で比較

広告面で比較

最後に広告面での比較です。

こちらについてはWebサイトに広告を掲載し収益化を目指す場合の比較になりますが、広告面でもWordpressに軍配が上がります。

自由面の点でも解説しましたが、無料ブログではブログサービス側の広告が表示されてしまうことや、広告の設置に制限があることがネックになります。

また、Googleアドセンスを取得したい場合は無料ブログでの取得は難しいです。(ブログサービスによっては可能なサービスもあります!)

WordPressはまったくもって自由なため、Googleアドセンスの申請も広告の掲載も自由に行えます。

MEMO
広告の利用規約などはしっかり確認し、掲載するようにしましょう。

まとめ

無料ブログとWordpress。それぞれにいいところがあることがわかりました。

ブログ作成が初めてで不安、お試しからブログを始めてみたい、一切お金をかけることなく運用したいといった方は無料ブログがいいでしょう。

逆に、ある程度凝ったデザインや自由にブログを作りたい、ホームページにもしたい、商品も売りたい、本気でブログを作っていきたいという方はWordpressがいいと思います。

WordPressでブログを始めたいけどサーバーのレンタルやドメインの取得など、初期設定が不安。。。という方は下記の記事を見てみてください。

今は各レンタルサーバー会社など、簡単にWordpressを構築できるサービスが充実していますのでご安心ください。

30分あればWordpressは始められる
当サイトでもお世話になっているレンタルサーバー会社「Xserver」さんでのWordpressを始める手順を画像ありのステップ形式で解説しています。
Wordpressの始め方
WordPressの始め方 初心者でも30分で始められる方法

この世にブログは星の数ほどあると思うのですが、それぞれ特色や運用目的は様々です。

自分が目的とするサービスに最も寄り添うことのできる方法を選び、検討していくことが大切です!