【WordPress】これだけはやっておきたい初期設定

これだけはやっておきたい初期設定

WordPressをインストールしたら、おしゃれなテーマを選んだり、すぐに記事を投稿したくなってしまいますが、その気持ちをグッと堪えましょう。

今後Wordpressを使っていくために大事な設定がいくつかありますので、まずはそれを設定していきましょう。

それぞれ、なぜ「それを設定するのか」「実際に設定するまでの手順」を順番に説明していきます。

最初に設定をしておくことでSEO効果や記事の書きやすさ、セキュリティ面の強化などを効果的に行うことができますので、是非チェックしてみてください。

管理画面の見方

まずはWordPressの管理画面の見方からカンタンに説明していきましょう。

WordPressにログインすると、「ダッシュボード」と言われる画面が表示されます。
まずはこの管理画面の構成と、基本的な使い方を覚えていきましょう。

管理画面の構成

まずは管理画面がどのような構成でできているのか簡単に見てみましょう。

管理画面の構成図

①ツールバー

ツールバーにはショートカットやサイトへの通知などが表示されています。

各ボタンを詳しく見ていきましょう。

WordPressロゴ

ツールバー(Wordpressロゴ)
Wordpressのドキュメンテーションなどを見ることができます。困った時などに役立つ情報などがたくさん載っていますので一度覗いてみましょう。

ホームアイコン

ツールバー(ホームアイコン)
ホームアイコンをクリックすると、Webサイトのトップページに移動します。ホームアイコンの右側には自分のWebサイト名が表示されます。

更新通知とコメント通知

ツールバー(更新通知とコメント通知)
ここには、WordPress本体、使っているプラグイン、テーマの更新があった場合に通知が表示されます。更新があった場合はここから更新画面に飛べますので覚えておきましょう。

+新規

ツールバー(+新規)
投稿、メディア、固定ページ、ユーザを新規追加することができるリンクが表示されます。ここから新規作成を行えばラクでしょう。

「こんにちは、○○さん」

ツールバー(ユーザ情報)
ツールバーの右側に表示されているユーザ情報です。
マウスポインターを合わせるとプロフィールの編集、ログアウトの項目が表示されます。

もんちくん

もんちくんさん。。。
プププ〜

ともちゃん

②メインナビゲーションメニュー

見ての通りたくさんのメニューがあります。
これから行う設定や記事の投稿など、あらかたの項目はこのメインナビゲーションから選択していきます。

また、プラグインを追加すると、そのプラグインの設定ができる項目が追加されたりします。

ざっくりとそれぞれの役割を説明していきましょう。

ダッシュボード

ダッシュボードは管理画面のトップページのようなものです。
詳しい説明については後ほど解説いたします。

投稿

投稿についての管理を行うメニューになります。投稿一覧、新規投稿の追加、投稿のカテゴリー作成・管理、投稿のタグの作成・管理などを行います。
ブログ運営をする方はかなりの使用頻度になると思います。

メディア

画像や動画の追加、設定や編集を行うメニューになります。画像のURlを確認したり、サイズを変更したりすることができます。

固定ページ

固定ページの一覧表示、新規追加を行うメニューになります。
固定ページは投稿記事とは違い、ホームページにトップページなどを作成したりします。

コメント

コメントの確認・承認などを行うメニューです。
最初はあまり使わないかもしれませんが、コメントが来るようになってくるとここでコメントの管理を行います。

外観

テーマの選択やカスタマイズ、設定などを行うメニューです。
デザインやレイアウトの調整など、画面側(見た目)に関する設定から、CSS,PHPなどのプログラムを編集することもできるメニューです。このメニューは間違いなく使用頻度は高いと思います。

プラグイン

プラグインを追加したり、有効化・削除などの管理を行うメニューです。

ユーザー

ユーザー管理や、ユーザーの追加を行うメニューです。ユーザー複数でWebサイトを運営する場合などはここでユーザーの追加を行います。またニックネーム表示などもここで設定していきます。

ツール

ツールは別のWordpressの投稿やコメントなどを取り込んだり、投稿記事や固定ページなどを吐き出したりするために使ったりします。

設定

一般設定や表示設定など、Wordpressの設定を司るメニューです。
これから行う初期設定のほとんどはこの設定メニューから行っていきます。

POINT!
メインメニューを折りたたんだ図

メインナビゲーションメニュー最下部のメニューを閉じるをクリックすると、メニューをアイコン表示で表示してコンパクトにすることができます。少しでも作業領域を広げたい時はメニューを閉じて作業するのがオススメです。

③作業領域

ここはメインナビゲーションで選択したメニューの設定画面や、投稿記事の執筆画面などが表示されます。

メインナビゲーションメニューで選択した項目の詳細をここで設定していくイメージです。


ダッシュボードの構成

ログインすると作業領域に最初に表示されているダッシュボード。
それぞれどのような役割があるのか見ていきましょう。

ダッシュボードの構成の画像

①Wordrpressへようこそ!

書いてある通りなのですが、管理画面内でよく使う機能へのリンクやヘルプのようなリンクが掲載されています。

②概要

ここには現在の投稿やページ数、コメント数が表示されます。
Wordpressのバージョン情報と使っているテーマも表示されます。

③アクティビティ

最近投稿した記事の概要やコメントなどが表示されます。

④クイックドラフト

以外と便利な機能で、投稿の下書きを簡易的に入力することができます。思い着いた時にパッとアイデアを書きためることができます。

⑤Wordpressイベントとニュース

ここにはWordpress公式サイトの最新記事やイベント情報、フォーラムへの投稿内容などが表示されます。


やっておきたい初期設定

管理画面の使い方もざっくり分かったと思いますので、初期設定を行っていきましょう。

この記事で設定していく項目は以下になります。それぞれ手順を追って設定していきましょう。

  1. Webサイトのタイトルとキャッチフレーズを設定する
  2. パーマリンクを設定する
  3. プロフィールを設定する

Webサイトのタイトルとキャッチフレーズを設定する

すでにレンタルサーバの自動インストール機能で設定済みかもしれませんが、改めて確認・設定しておきたい項目です。
自動インストール時に適当に入力してしまった方はこのタイミングで自分のサイト名を直しておきましょう。

サイトのタイトルとキャッチフレーズの違い
サイトのキャッチフレーズの図

サイトのタイトルは文字通り、Webページ全体を表すサイト名のことです。キャッチフレーズとは、そのwebサイトの内容を端的に簡潔に説明したものになります。なるべくわかりやすく目を引くものにすると良いと思います。

手順

STEP.1

管理画面のメインナビゲーションメニューから設定一般をクリックし、一般設定画面を開きます。

一般の設定画面を開く画像

STEP.2

一般設定画面が表示されますので、「サイトのタイトル」「キャッチフレーズ」を入力しましょう。

サイトのタイトルを設定している図

STEP.3

画面下部にある「設定を保存」をクリックして、設定完了です!!

設定保存ボタンの画像

完了!!


パーマリンクを設定する

パーマリンクの設定はかなり重要で、Webサイトを公開する前に設定を済ませておきましょう。

理由は、Webサイト公開後に設定を変更してしまうといろいろなリスクがあるからです。

サイト公開後にパーマリンクを変更するリスク
  • 検索エンジンに登録されたURLが404エラーになってしまう。
  • SEOの効果が下がる
  • 他のサイトに貼られた被リンクが404エラーになってしまう。
  • SNSのシェア回数がリセットされてしまう。

このようなリスクを避けるためにも、パーマリンクの設定はWebサイトを公開する前に済ませておきましょう。

まずは、そもそもパーマリンクとは何者なのか。図解で理解していきましょう。

パーマリンクとは?

そもそもパーマリンクとは一体何者なのか紐解いていきましょう。

パーマリンクとは?

このように、記事固有のURL、つまり「Webページ毎に設定される個別のURL」のことをパーマリンクと言います。

パーマ?パンチパーマ?

ともちゃん

もんちくん

。。。
POINT!
パーマリンクの由来は、パーマネント=恒久的(半永久的)から来ています。その言葉の意味とうり、一度決められたら滅多に変更されることがないという解釈になります。
つまり、パーマリンクの設定はうかつに変更しないほうが良いということです。

パーマリンクを設定する理由

あまり変更しないほうが良い設定なのになぜ変更する必要があるのでしょうか。

初期設定のパーマリンクのURLと、パーマリンク設定をしたURLを見比べてみましょう。

なぜパーマリンクを設定するのか

このように、初期設定のパーマリンクだとURLを見ただけではページの情報が一切わかりません。

一方で、パーリンクの設定を行うことで任意のURLにすることができるので、URLからページの情報を読み取ることができるようになります。

このほうがアクセスする人もわかりやすいし、管理する自分にとってもわかりやすいですね。

パーマリンクの種類

パーマリンクは、必要に応じて自分で選択する必要があります。

なので、実際に設定していく前に設定できるパーマリンクの種類を知っておきましょう。
その後でオススメの設定を紹介したいと思います。

WordPressで選択できるパーマリンク
種類URL/説明
デフォルト(基本)https://mochimochi.com/?p=123
「?p=」のあとの数字は投稿ごとのIDが入ります。
日付と投稿名 https://mochimochi.com/2018/01/01/sample-post
投稿された年/月/日で区切られ、その下に投稿名が入ります。
月と投稿名https://mochimochi.com/2018/01/sample-post
投稿された年/月で区切られ、その下に投稿名が入ります。
数字ベースhttps://mochimochi.com/archives/123
「archive」という文字列の後に投稿ごとのIDが入ります。
カスタム構造構造タグを利用して任意の構造に設定します。

カスタム構造について

オススメの設定は、カスタム構造を使って設定します。
なので、カスタム構造で使用できる構造タグについても詳しく見ていきましょう。

カスタム構造で使う構造タグの詳細
構造タグタグの意味
%year%投稿された年
%monthnum%投稿された月
%day%投稿された日
%hour%投稿された時間
%minite%投稿された分
%second%投稿された秒
%post_id%固有の投稿ID
%postname%投稿名
%category%カテゴリー名
%author%作成者

オススメの設定

パーマリンクの設定はざっとこんなものでしょうか。。。

一概にこのパーマリンクが最強!!とは言えないのですが、私なりのオススメ設定を紹介いたします。

オススメ設定
https://ドメイン名/カテゴリー名(%category%)/投稿名(%postname%)

ズバリ、カスタム構造%category%%postname%を設定する方法です。

この構造に設定しておけば、記事のカテゴリーとその記事の内容についてわかりやすいURLになると思います。

以上のことを踏まえて、自分のWebサイトにあったパーマリンク設定を行いましょう!

今回はオススメの設定にする手順を解説していきます。

手順

STEP.1

管理画面のメインナビゲーションメニューから設定パーマリンク設定をクリックし、パーマリンク設定画面を開きます。

パーマリンク設定画面

STEP.2

パーマリンク設定画面が表示されたら、カスタム構造にチェックを入れて、/%category%//%posyname%/の順にクリックしましょう。

カスタム構造設定の画面

STEP.3

画面下部にある「設定を保存」をクリックして、設定完了です!!

設定保存ボタンの画像

完了!!


プロフィールを設定する

Webサイトへの攻撃を未然に防ぐために、重要な設定になります。

実は、デフォルトの設定では記事を投稿した際に表示されるユーザー名がログインする際に使うユーザー名なのです。

それを防ぐためにも、表示名(ニックネーム)の設定は欠かせません。

以下の手順で設定を行いましょう。

手順

STEP.1

管理画面のメインナビゲーションメニューからユーザーあなたのプロフィールをクリックし、プロフィール設定画面を開きます。

プロフィール設定の画像

 

STEP.2

プロフィール設定画面の項目「名前」の中から、ニックネーム(必須)ブログ上の表示名を設定しましょう。

プロフィール名の設定画面

STEP.3

画面下部にある「設定を保存」をクリックして、設定完了です!!

設定保存ボタンの画像

完了!!

まとめ

以上でこの記事のWordpress初期設定が完了です。

もちろん今回解説した設定以外にもWordpressにはたくさんの設定箇所があります。

管理画面からどんなことが設定出来るのか、まずは管理画面を使い倒しましょう!