WordPressの始め方 初心者でも30分で始められる方法

Wordpressの始め方

今回の記事では、サーバーをレンタルし、ドメインを取得して、Wordpressをインストールするところまで解説して行こうと思います。
各項目、要点がありますので確認しながらゆっくりと始めていきましょう。

今回は、人気の高いレンタルサーバー「エックスサーバー」で話を進めていきます。

もんちくん

ぼくが使っているのもエックスサーバー。
レンタルサーバー選びに迷っているならエックスサーバーをオススメするよ!!
その前に・・・
Wordpressってそもそも何?という方は、始めにこの記事をご覧ください。
簡単にWordpressとは何か解説しております。
見出しの画像です
WordPressとは?仕組みや特徴を図解で徹底解剖!!

レンタルサーバーを契約する

WordPressをインターネット上に公開するためにはサーバーをレンタルする必要があります。

もちろん自作でサーバーを構築して24時間フル稼働しても可能なのですが、なかなか用意できないと思うので、レンタルサーバーを借りるのが主流です。

今回は「エックスサーバー」というレンタルサーバーを契約する方法を解説していきます。

なぜエックスサーバなのか

エックスサーバーをレンタルする前に、なぜエックスサーバーをオススメするのかを簡単に説明します。

私が思うオススメのポイントを箇条書きにしてみました。

  • WordPressを使いやすい
  • 初心者でも使いやすい管理画面
  • 安定しているし、速い
  • 自動バックアップしてくれる
  • 独自SSLが無料で設定できる
  • 電話サポートもバッチリ

それぞれ詳しく解説していきましょう。

WordPressを使いやすい

後ほどWordpressをインストールする手順で詳しく解説しますが、エックスサーバーはWordPressの自動インストール機能があります。

難しい作業をすることなくWordpressをインストールできるのでオススメポイントです。

初心者でも使いやすい管理画面

エックスサーバーは管理画面がきれいでとっても見やすいです。

現在の契約状況、更新日など一目でわかるので管理画面として優秀だと思います。

このようにレンタルサーバーはWebサイトを運営していくに当たってとても重要なポジションにいます。

見やすい管理画面を使えば、万が一問題が発生した場合でも迅速に対応できますし、何よりシンプルに「見やすい」ほうがイイですよね。

安定しているし、速い

エックスサーバーはブログだけで生計を立てている「プロブロガー」の方も推奨するほど、安定感が抜群。

皆さんも経験があると思いますが、人気アーティストのチケット販売や、福袋のWeb販売など、一時にアクセスが集中するとサーバーがアクセスをさばききれなくなってダウンしてしまうことがあります。

簡単に説明するとエックスサーバーはその許容量が広く、サーバーダウンのリスクが少ない。ということです。

せっかくたくさんのアクセスが集まっているのにサーバーが止まってしまっては元も子もありません。

その点エックスサーバーは安定感と、速度の面でもオススメできるのです。

自動バックアップしてくれる

エックスサーバーは、サイトデータとデータベースの両方を自動でバックアップしてくれます。

ネットワークとは、渋谷のスクランブル交差点のように、ものすごい量がものすごい速さで移動しているようなイメージです。

いくら万全を期しているつもりでも、ウイルスに感染したり、ハッカーにブログを乗っ取られてしまうリスクは存在しているのです。

また、自分でWordpressをカスタマイズ中にプログラムを書き間違えてしまって、画面が真っ白になってしまった。なんて話もよく聞きます。

このような危険から、自分が作り上げてきたWebサイトを守るためにバックアップ機能は存在しています。

これは非常に心強いサービスです。

独自SSLが無料で設定できる

今の時代、HTTPS通信が当たり前の世の中にありつつあります。

GoogleのWebブラウザであるChromeは今後、HTTPSに対応していないサイトのテキストボックスなどに情報を入力する際、警告を表示すると告知しています。

SSL通信を実現するためには、SSL証明書を購入してサーバーにインストールして。。。などなどお金も手間もかかるのですが、エックスサーバーは独自SSLを無料で使うことができます。

これも詳しい設定方法は後ほど解説しますが、管理画面から簡単に設定することができますのでご安心ください。

電話サポートもバッチリ

エックスサーバーは365日、24時間の電話サポートがついています。

Webサイトがレンタルサーバーの不具合などで表示されなくなったりしても安心です。

先ほどオススメしたバックアップ機能の復元も、エックスサーバーの方と直接、電話をしながら作業を進められるのも安心ですね。


エックスサーバーに申し込みする

十分エックスサーバーのおすすめポイントを理解していただけたかと思いますので、実際にエックスサーバーを契約していきましょう。

ここから先の手順はエックスサーバーの画面を見ながら進めていってください。

エックスサーバー申し込み手順

STEP.1

サイトにアクセスしたら、[メニュー]の中から[お申し込み]にカーソルを合わせましょう。

するとさらにメニューが出てくるので、[お申し込みフォーム]をクリックします。

STEP1の画像

STEP.2

お申し込みフォームが開いたら、[サーバー新規お申込み]をクリックします。
STEP2の図です

STEP.3

お申し込みフォームが開いたら、必須項目を全て入力しましょう。

MEMO
サーバーIDは、実際にサイトに使うドメインとは別のものですのであまり悩まず決めて大丈夫です。

プランは、ひとまずX10を選択しましょう。
後からプランを上げることも簡単にできますので、スペックが足りなくなったらプランの変更を検討するとよいと思います。

※X10プランで結構なスペックがあるのでかなりのアクセスが発生しない限り大丈夫だと思います!

全て記入したら、ページ下の方にある規約等をよく読んで「利用規約」「個人情報の取扱いについて」に同意するにチェックを入れて、お申し込み内容の確認ボタンをクリックします。

お申込みフォームの記入手順の画像です

STEP.4

入力内容に間違いがないか確認し、問題なければお申し込みをするボタンをクリックしましょう。

お申込み内容確認時の画像です。

STEP.5

お申し込み完了画面が表示されたら申し込みは完了です。

この後、入力したメールアドレス宛にアカウントの情報が記載されたメールが届きます。
このメールの内容はログイン時などに必要になりますので、大切に保管しておきましょう。

完了!!


サーバー料金の支払いを設定する

実際に契約が完了したら、サーバ料金引き落としの設定をしておきましょう。

エックスサーバーは試用期間が10日ほど用意されているので、そのあとでもよいですが先に設定を行っておくことをオススメします。

POINT!
ここでサーバー料金の支払い設定をしても、試用期間の代金はかかりませんのでご安心ください。

支払方法の設定手順

STEP.1

エックスサーバーのトップページに戻り、[メニュー]の中から[ログイン]にカーソルを合わせ、
インフォパネルをクリックします。
インフォパネルにログインする方法の図です

STEP.2

ログイン画面が表示されるので、ログインします。
インフォパネルログイン画面です

STEP.3

インフォパネルが開いたら、左側のメニューから料金のお支払いをクリックします。
料金のお支払いの場所を表示しています

STEP.4

サーバーご契約一覧が表示されますので、自分が契約したサーバーがあることを確認しましょう。
確認したら、チェックボックスにチェックを入れて更新期間を選択し、お支払い方法を選択するをクリックします。

支払い対象のサーバーを選択し、確認する画像です

POINT!
初回はカード支払での自動更新は選択できません。
一度支払いを済ませてから改めて設定しましょう。

STEP.5

料金を確認して支払方法を選択し、料金の支払いを済ませましょう。

支払方法は、銀行振込クレジットカードコンビニエンスストアペイジーが選択できますので、自分の支払いやすい方法を選択してください。

完了!!


支払いの自動更新設定をする

更新期限を忘れてしまった。。。なんてことを防ぐためにカード自動更新設定をしておくことをオススメします。

自動更新の設定は必要ないよ。という方はこの手順をスキップしてください。

POINT!
簡単に解除もできますのでご安心ください。

カード自動更新設定手順

STEP.1

インフォパネルの左側のメニューからカード自動更新設定をクリック。
カード指導更新設定の画像です

STEP.2

自動更新設定を行うにチェックを入れて「カード番号」と「カード期限」を入力します。

入力したらカードでのお支払い(確認)クリックします。

完了!

ドメインを取得する

サーバーの契約と設定が終わったら、ドメインを取得しましょう。

ドメイン取得の業者はたくさんあるのですが、今回はエックスサーバーで独自ドメインを取得する方法を解説していきます。

ドメインとは?
ドメインとは、WebサイトにアクセスするためのURLのことです。

分かりやすく例えると住所のようなものです。

このマンション(サーバー)のこのお部屋(ドメイン)!!といったイメージです。

エックスサーバーでドメインを取得する

では、エックスサーバーのサービスでドメインを取得していきましょう。

POINT!
独自ドメイン取得には料金の支払いが発生します。料金は取得するドメインの種類(.com、.jp、.workなどなど)によって変わりますのでご注意ください。

ドメイン取得手順

STEP.1

まずはインフォパネルからログインしましょう。
インフォパネルにログインする方法の図です

STEP.2

インフォパネルの左側メニュー、追加のお申し込みをクリックします。
追加のお申し込み

STEP.3

利用規約をしっかり確認し、同意するをクリックします。

利用規約の画面

STEP.4

ドメインの新規取得をクリックします。

ドメインの新規取得

STEP.5

ドメインの新規取得画面が表示されますので、自分で取得したいドメインを入力します。

に自分が取得したいドメイン名を入力します。

は選択式になっています。オススメは「.com」です。

入力したら、選択したドメインが取得できるか検索してみましょう。

ドメインの検索方法

STEP.6

「この独自ドメインは申し込むことが可能です!!」と表示されれば、取得することが可能です!!

申し込むボタンをクリックしましょう。

ドメイン申込みの画面です

POINT!
以下のように、「ご希望のドメインは新規取得申込みができません。」と表示された場合は、すでに他の人がそのドメインを使用しています。

別のものにするか、少し変更を加えたドメインに変更し、再度検索をかけましょう。

ドメインが取得できないときの画面

STEP.7

確認画面が表示されるので、お申し込み内容の確認をクリックしましょう。

ドメイン内容確認画面

STEP.8

再度、最終確認画面が表示されるので、ドメイン名に本当に間違いがないか確認を行いましょう。

間違いがないことを確認できたら、お申込みする[確定]をクリックしましょう。

ドメインの確定画面

CHECK
申請後のキャンセルや変更は出来ません。

なので申請を行われる前に、ドメイン名に誤りがないかしっかり確認しましょう。

STEP.9

以下の画面が表示されれば、ドメイン取得の申込みは完了です!!

料金のお支払いをクリックし、その後の案内に沿って支払い手続きを完了させてください。

料金の支払いの確認画像

完了!

ドメインを設定する

ドメインを取得したら、取得したドメインをサーバーに設定しましょう。

ドメインの設定もエックスサーバーの管理画面から簡単に設定することができます。

ドメイン設定手順

STEP.1

今までインフォパネルという画面で操作してきましたが、ドメインの設定はサーバーパネルという画面で行います。

インフォパネル内の「ご契約一覧」の中の自分のサーバー情報の部分に「サーバーパネル」ログインボタンがありますのでクリックしてログインしましょう。

サーバーパネルログインボタンの画像

STEP.2

ログインできたら、メニューの中からドメインの項目内の「ドメイン設定」をクリックします。

ドメイン設定

STEP.3

ドメインの取得設定のタブを選択します。

に自分が取得したドメインを設定します。

は冒頭でも説明した無料SSLの設定です。チェックを入れておきましょう。

ドメインと②のチェックが入っていることを確認したら「ドメイン設定の追加(確認)」をクリックします。

ドメイン追加の確認画面

STEP.4

確認画面が表示されますので、内容に間違いがないことを確認したら「ドメイン設定の追加(確定)」をクリックしましょう。

ドメイン追加の確定画面

STEP.5

以上でドメインの設定は完了です!

実際にブラウザからアクセスしてみましょう!!

CHECK
サーバーに設定が反映されるまで数時間〜24時間程度かかる場合があります。

下記のようなメッセージが表示されたらしばらく待ってから再度アクセスしてみましょう。

無効なURLの場合の表示

完了!

WordPressをインストールする

サーバーの準備とドメイン設定が終了したら、実際にWordpressをインストールしていきましょう!

WordPressのインストールもエックスサーバーの自動インストール機能を利用するのでとってもカンタンです。

こちらもドメイン設定同様、サーバーパネルにログインして設定を行っていきます。

WordPress自動インストール手順

STEP.1

ドメインの設定と同様にインフォパネルからサーバーパネルにログインしましょう。

サーバーパネルログインボタンの画像

STEP.2

サーバーパネル内の「ホームページ」項目内の「自動インストール」をクリックします。

自動インストールの場所の画像

STEP.3

ドメイン選択画面が表示されますので、自動インストールを行いたいドメイン名の「選択する」をクリックします。
自動インストールのドメイン選択画面

STEP.4

プログラムのインストールタブを選択し、Wordpress日本語版のインストール設定をクリックします。
インストール設定の画面

STEP.5

ここで、Wordpressの設定を行う画面が表示されますので、一つずつ確認しながら入力していきましょう。

大事な設定になりますので、記入項目を表にまとめました。

以下の表をみながら、各項目の設定を行いましょう。

入力項目入力・設定の内容
①インストールURLここは空欄のままにします。
②ブログ名 自分のWebサイト名を入力します
③ユーザ名ログイン時に使用するユーザ名を入力します
④パスワードログイン時に使用するパスワードを入力します
⑤メールアドレス管理者のメールアドレスを入力します。
※gmailなどでブログ管理用のアドレスを取得しておくといいかもしれません
⑥データベース「自動でデータベースを生成する」にチェックを入れます。

Wordpress自動インストール設定画面

設定を入力したら「インストール(確認)」をクリックしましょう。

STEP.6

設定内容の確認画面が表示されますので、確認したら「インストール(確定)」をクリックしましょう。

自動インストール確認画面

STEP.7

以上でWordpressのインストールが完了です!!

下記のようにログインURLが表示されていると思いますので早速ログインして試してみましょう!!

ログインURLが表示された画面

POINT!

上記のように、https://自分のサイト名/wp-adminとなっているものが管理画面用のアドレスになります。
記事を投稿したり、編集したりする際はこのアドレスから先ほど入力したログイン情報でログインして行います。

通常のアドレスはwp-adminを除いたhttps://自分のサイト名/になりますのでリンクを貼る際などはご注意ください。

完了!

まとめ

以上で、サーバーレンタルからドメインの取得、Wordpressのインストールまでの作業が完了しました!!

感覚的には、マンション(サーバー)一室(ドメイン)住む準備(Wordpressインストール)ができた状態です。

まだ壁紙も家具も何もない状態ですが、ここからは好き放題自分のWebサイト・ブログをカスタマイズしていきましょう。